パーソナルトレーナー大長武史が運営する大長道場のブログです


by daichodojo

<   2013年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

セ〇、ファイ〇ン、ベ〇ックスにチタ〇やゲルマニ〇ム、キネ〇オテープに磁〇だ〇竹だストレッチ〇ールだ・・・。

昔からあるのもあるが、いやぁ次から次へと様々な事が発見され様々なグッズが開発されていく。

その開発力は素晴らしい。


それらの効果、効能は否定するつもりは毛頭無い。


しかしどれもが様々な症状や現象の「根本」を観ていない事には変わりは無い。

方法論こそ違え、全ては「対症療法」「症状療法」。


身体は何も改善しない。むしろ悪くなる。悪くなるとは、それらが無いと楽にならない、動き難い、休めない、眠れない身体になるという事。


素晴らしい効果がある一方で、身体はそれらが無いといけない「駄目な身体」になっていく。

薬物の薬害と同じだ。

効果効能があるが、副作用がある。


大長道場の考えは、何にも頼らず何も必要無い身体、人間本来の姿を目指す事。

だから何が開発されようが、何が流行ろうが関係無い。

否、商売と考えた場合は関係あるが(*_*)(笑)。


人間を含めた動物には、「その能力」が備わってる。本来何も必要無い。


では何故それらが無いと駄目な身体になるのか?

それは変形するから。


つまり上記の物の数々は使用すれば必ず、歪み、傾き、変形する。



何故変形するのか?


脳が拒絶するから。

脳はありとあらゆる情報をキャッチする。
その情報が身体にとって有益なら左右対称性に復元する。

有害な情報なら、拒絶し防御しようとする。防御のその力みが変形そのものなのだ。


しんそう療方の3つの検査はなんて便利なのだろう。

それら使用前後でいかに歪むか瞬時に判断できる。


しかし一般的には、検査はできないし、根本がどうの、本質はどうの、なんて考える方は少ない。皆無に近い。


だから副作用なんて関係無い。
「今」が良ければそれで良い。



「いやいやいや、俺はちゃんと根本を考えてるよ。」とおっしゃる方もいる事だろう。

しかし、しんそうの患者さんや、大長道場門下生以外で上記の話しをして通じる方に、ほとんど出会わない。

しんそうの患者さんや、大長道場門下生ですら、話すとよく解って無い方も多い。



大長道場で取り入れているしんそう療方も野口整体理論も、S先生理論も

身体そのものを観ている。
身体の根幹を観ている。
身体の本質を観ている。
身体の自然を観ている。

けっして時代に流される事はない。


だから何が開発されようが何が流行ろうが関係無いのだ。



上記グッズのそれらはいずれ廃れ忘れ去られるであろう。
今「常識」でも、いつか常識では無くなる。

常識とは流行と同じだからだ。



流行とかけ離れた大長道場の行っている事は市民権を得る事は難しい。


しかし一人でも正しい方向に導けたらと思い頑張るしかない。
[PR]
by daichodojo | 2013-04-26 21:07