「ほっ」と。キャンペーン

パーソナルトレーナー大長武史が運営する大長道場のブログです


by daichodojo

<   2013年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

セミナーイベント報告

2月11日は祝日プログラム

腰椎の役割と皮膚収縮拡張反射理論

を行いました。


この理論は野口整体と武術を中心に、快氣法も作り上げた

「自由人(ミュート)ネットワーク」

の理論です。

ミュートネットワークで5年前から勉強してます。
自分が勉強しているのは、快氣法から入り、現在は野口整体ばかりですが。




腰椎の話しはゴールドジムでは、否、スポーツクラブではなかなか聞けない内容だと思います。

西洋文化のスポーツクラブと
日本文化の腰椎理論。


西洋は目に見える事、数値化できる事が中心。見えない事については意識して解る様に努力する。
至ってシンプルで単純な事が多い。

日本文化は目に見えない事、数値化できない事を感じとる事、無意識や潜在意識に働き掛ける事が多い。


理論が違い過ぎそもそもスポーツクラブ内で行う内容では無かったのかも知れません(笑)。



例えばパートナーが腰椎5番に触り一緒に歩くと、モーターが着いた様に早く楽に歩ける。意識なんか関係無いのです。「勝手に」なのです。

何故だか解明されてはいないのです。しかし誰でも感じる事ができるのです。確実に楽に速く歩けるんです。


これを西洋的に考えると理屈が解らず信じる信じないの話しになってしまうでしょう。。


日本人が感じ取り掘り下げた内容は、なんて深遠なのか!


男性が女性をエスコートする時に、腰(腰椎5番)に手を当てるのは正しい。女性が楽に歩けるのだ!

因みに腰椎4番に手を当てるとしゃがみやすくなる。日本人の中心的な腰椎だ。だから正座。だから和式トイレ。だから畳生活。しゃがむ事が生活なのだ。
最近やらないうさぎ跳。腰椎4番に手を組む。だからやりやすい。

勝手に楽になる事をやっていた(笑)。



西洋的に理屈から入ると絶対に辿り着かない世界。

否、これから先いつかは西洋理論で解明されるかも知れない。

それに期待したい。


そしてスポーツクラブに通っている方々にも興味を持って頂ける様になる事が夢です。
[PR]
by daichodojo | 2013-02-18 00:03