パーソナルトレーナー大長武史が運営する大長道場のブログです


by daichodojo

<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

またまたまた発見!

本日からのしんそうの患者様がいろいろ質問されました。

どこのジムにも転がってる「粗悪グッズを使ってます。どうなんですか?」との事です。

まさか粗悪グッズなんて言ってません(笑)。名前を出せなませんので・・・・・m(__)m。


僕が質問しました。「何故行うのですか?」と。

「肩甲骨回りの柔軟性や胸がよく開く様にです。」

僕「ではまず検査をしてみましょう。これだけ変形してますね。」

「あ〜はい。」

僕「ちょっと揃えましょう。」と言い2つ3つ技を掛けて手足を揃えました。

僕「ではそのグッズでいつも通りやってみせて下さい。」

数種類を数分掛けてやって貰った。



僕「どうです?胸が開き易くなりました?」

「いえ、いつもよく分からないんです。」

僕「その通りです。このグッズにそんな効果ありません。」

「ええっ!?」

僕「続いてまた検査してみましょう。」と言い検査。

せっかく揃えたのに変形している。


僕「ね。凄くないですか?こんなに変形しましたよ(笑)」

「おぉ〜。」

僕「胸も開かないし歪みも作るし大変ですね(笑)。やる必要無いんじゃ無いですか?(笑)」

「そうですね〜。卒業します!」


僕「背骨から折れる様に胸が開くには首が関係あります。ちょっとやってみましょう。」
と言って偉大なる僕のトレーニングの師S先生の基本中の基本、四つん這いでの首のトレーニングを行った。

僕「胸を開いてみて下さい。どうです?」

「背骨から折れる感じがあります。胸が凄く開きます!」



そこまでは良い。一般的には知られて無いが当たり前の事で、僕にとっては驚く内容では無かった。

問題はここから。

僕「何か凄く胸開いてますから、しんそうの検査をしてみましょう。どうなのか。」

検査をした。そうしたらナント!!

完璧に近く手足が揃ってるでは無いか!!

大長「あれ〜(笑)。殆ど揃ってますね〜(笑)。あ、凄い凄い!」


一番驚いたのは僕であった。

首と名が付く所は全身に影響がある事は解っている。首、手首、足首・・・・・。
しかしまさか完璧とは言わないまでも変形まで改善するとは想像すらしていなかった。



僕のトレーニングの師は、首が一番大切だと最初に教えて頂いていた。

流石世界一のトレーナーである。




(粗悪グッズは何かは言えませんが、背骨に当たるからダメなんです。背骨は脊髄が通ってます。
脊髄の中の中枢神経は脳と1セットです。)



あらゆる格闘技で脊髄への攻撃は禁止のハズである。
それだけ大切であり、危険な場所なのだ。

そんな背骨に何の法則性も無く当てて良いハズが無い。

脳が拒絶し拒否反応すれば、身体は緊張し、それ即ち歪み傾き変形するという事。

感覚の鋭い人なら、使えば気分が悪くなるし、使った後真っ直ぐ立てず不快感が増すのが解るハズだ。

何も感じず使い続ける人は、あまりに身体感覚が鈍いと言わざるを得ない。
本来使った瞬間に解るハズだ。


競技者で使っている人は感覚が鈍く内観が出来ていないと言える。



知識が感覚を鈍らせる。

知識はやがて観念となり、

観念は思い込みとなり、

身体の声を聞けなくなる。内観できなくなる。



S先生開発グッズは、わざわざ背骨に触れない様になっている。

世間より何年も先行ってます。先生!
流石ですm(__)m。




パーソナルトレーニングとしんそう療方の大長道場。
[PR]
by daichodojo | 2011-08-25 18:42
本日、第二回チャリティしんそう療方を行わせて頂きました。


18名枠のところ、19名の方にご協力頂きました。


竹内様ありがとうございました。
小畑様ありがとうございました。
来家様ありがとうございました。
福本様ありがとうございました。
角田様ありがとうございました。
金城様ありがとうございました。
若松様ありがとうございました。
木暮様ありがとうございました。
森様ありがとうございました。
米本様ありがとうございました。
山崎様ありがとうございました。
白井様ありがとうございました。
田中様ありがとうございました。
後藤様ありがとうございました。
富田様ありがとうございました。
鈴木様ありがとうございました。
大島様ありがとうございました。
根本様ありがとうございました。
百武様ありがとうございました。


総額 76600円でした。


全額ゴールドジム経由で日本赤十字社を通じまして被災地へ寄付させて頂きます。


不定期です今後も続けさせて頂きます。

これからもご協力宜しくお願い致します。


ありがとうございました。


大長道場代表
しんそう大森駅前院長

大長武史。


パーソナルトレーニングとしんそう療方の大長道場。
[PR]
by daichodojo | 2011-08-21 19:33

想像力の欠如

最近の人に共通なのは想像力の欠如だそうです。


相手の立場や気持ちを考える事ができない。

これはパソコンが原因らしいのです。

人とのコミュニケーションを取らないから。

メール等でのコミュニケーションは最悪で、自分からの一方通行のやり取りになります。

ストーカーしかり、
自転車の逆走しかり、
モンスターペアレンツしかり、
電車内でのリュックしかり・・・・・。

内容は違えど、
俺はこんなに愛してるのに何で分かってくれないんだーっと、相手が迷惑している事を想像できない。

左側通行を右側通行する危険さ。ルールを無視する自分が事故するのは構わない。しかしルールを守ってる人が危険に晒されている事が想像できない。

我が子だけ良ければいいと、無茶苦茶な理屈を言っても、学校側に迷惑が掛かる事が想像できない。

人は目のある前側にスペースを作り、目の無い背中側にスペースはいらない。狭い車内でリュックを背負うと、背中側に誰が居ようと気にならない。従って背後にいる方に迷惑が掛かるが想像できない。


先日もテレビのクイズ番組で、

問題が、
彼氏の浮気を目撃した友人から告げ口され、その事を彼氏に詰め寄ると、

彼氏がどう答えたら嬉しいかAとBから選択せよ

という問題で、

Aがしらを切る Bが認め謝る であった。


これは昔心理学で習った。

女性の心理の本質は母性であり許容であると。つまり「許す」 事である。

疑っていても彼氏の言葉を信じたい。嘘と解っていても、言葉「言霊」も含めて信じて上げたい。

と言うのが本来の女心である。らしい。

Bだと、許す事も出来そうだが、現実には彼氏の言葉「言霊」により衝撃を受け、裏切られた!との想いが強くなり、感情的になり破綻してしまう。らしい。


男は理屈で考え感情的になり難い。勘も働き難い。

嘘に気付かない。だからA になる場合もある。
嘘に気づいたなら、嘘は理屈に合わないので破綻する。
Bだと感情的にならず正直に言ってくれた事で理屈に合うので大丈夫。らしい。


まあこれらは個人差が大きそうだが、おおまかにそうらしい。

間違っていたらごめんなさい。




そう習っていて知っていたから当然A だと思った。


しかし会場の答えは圧倒的大差でB 。

これは架空の話しをリアリティを持って聞く事ができない。頭の中だけで解決して現実的な話しとして聞けない。

これまさしく想像力の欠如では無いだろうか?


または、仕事ばかりしていて、仕事の体、仕事の頭、強いては男の体や頭になってしまっている。

だから母性が欠如し男的な思考になってしまっている。

そのどちらかか、両方であろう。


危険である。




パーソナルトレーニングとしんそう療方の大長道場。
[PR]
by daichodojo | 2011-08-19 01:24

大長道場昇段審査

数年前から始めた大長道場昇級審査。すでに数名の1級が出て、とうとう昇段審査に入る。

初段は大長道場のトレーニングの特徴である中心軸の発生や身体の分離、関節ニュートラルポジションを作るプレエクササイズの筆記と実技にしようと思う。

正直、90%は僕のトレーニングの先生の受け売り。

僕が見つけ出した理論や方法は二段の昇段審査にとってある。

今でも僕のトレーニングの先生は、パーソナルトレーナーとしては世界一だと確信している。
あんな凄いトレーナーいません。

着眼点や発想が常人では無い。人が見えない事が見えると思う。


そんな偉人を師に持って幸せである。

先生から習った事に様々な事をプラスして現在の大長道場がある。

トレーニングの指導に限っては、あくまで先生から習った事が基本だ。

先生から習った事がベースにあれば、トレーニング指導においては誰にも後れをとる事は無いと確信している。


その出逢いに感謝。




パーソナルトレーニングとしんそう療方の大長道場。
[PR]
by daichodojo | 2011-08-12 18:24