「ほっ」と。キャンペーン

パーソナルトレーナー大長武史が運営する大長道場のブログです


by daichodojo

<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

マナー

対ジム利用

対クライアント

対パーソナルトレーナー

対スタッフ

対メンバー・・・・・。




お互いにマナーはある。

これは一方通行では無い。
お互いにである。



マットやマシンを使用後拭く。片付ける。当たり前。

クライアントで無いメンバーさまにもごあいさつ。
(人見知りなので、喋った事の無い方へはしませんが・・・・・。)




対パーソナルトレーナーという事でお話しすると、

大長道場は他のパーソナルトレーナーに最近まで指導を受けていた方は受け付けていません。


パーソナルトレーナーは他のほとんどのサービス業と違い、その内容や方針に従い、ある意味「師弟」関係に近いと思うからである。

信頼関係が大きなウェイトをしめている。



安易に受け付けてしまうと、

そのパーソナルトレーナーとクライアントの信頼関係が崩れてしまうと思うからである。



そういう場合、必ずそのパーソナルトレーナーに僕から連絡を入れる。

了解が出て初めて受け付ける。

連絡を入れれば、誰も嫌な思いをしないで済む。(そのパーソナルトレーナーとクライアントは少しギクシャクするかも知れないが、無断より遥かに良い。)



「えっ?わざわざそこまでしないと受けられないんですか?」

と言われる事がある。


「はい。大長道場ではそうです。」

僕が答える。



面倒で嫌だと思い止める方もいる。

しかし、面倒でも受けたいと思う方にこそ来て頂きたい。

それくらいで止めるなら、長続きはしないであろう。


内容を理解もせず、すぐに違うパーソナルトレーナーへ移るであろう。




本当はそこまでしなくて良いだろうし、

そこまでしているパーソナルトレーナーはあまり聞いた事が無い。



「パーソナルトレーナーになりたいです。」

と相談を受け、いろいろ資料や様々な面でアドバイスし、結局、恩を仇で返された事は何度もある。

恩と思っている時点で、僕がダメなのかも知れないが。




しかし、配慮や気配り、間を読む、空気を読む・・・・・。


これらは日本人が得意とした、世界に誇れる精神文化である。



それらは今の日本人が忘れ去った事である。

本当に悲しい事実である。



精神面では真の日本人たるパーソナルトレーナーになりたいと思っているし、そういう人間に出逢いたい。



パーソナルトレーニングとしんそう療方の大長道場。
[PR]
by daichodojo | 2010-04-02 15:48

風神ライカ試合

www.kansai-baton.net/今日はコンディショニング等をみている


女子ボクシングの第一人者

OPBF東洋太平洋ライト級1位

風神ライカ


の試合の応援に後楽園ホールまで行って来ました。



前回は3連敗を脱し、余裕の横綱相撲でKO勝ちしました。

3連敗したといっても、世界レベルの相手ばかりなので勝負は紙一重。

仕方ありません。


最近はショートレンジでの連打の繋ぎや回転、スピードが格段にアップしています。


股関節もよく使える様になりました。


期待して観戦しました。




期待通り3RでKO勝ち!

1Rは心配していたところが出て、ヒヤリとしましたが、

改善できたところも随所に見られ、落ち着いてKOできました!


ありがとうございましたm(__)m。



パーソナルトレーニングとしんそう療方の大長道場。
[PR]
by daichodojo | 2010-04-01 20:34