パーソナルトレーナー大長武史が運営する大長道場のブログです


by daichodojo

<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大長道場6

a0145266_10453986.jpg

今回は、
NEアジャストベンチに
NEラック。


アジャストベンチ台に、バラバラのラックをセットし

ベンチプレスを行っていた22歳の写真。例によって兄が撮ってくれた。
(計算上は120kgだが、ラバーが付いてる為実際は135kg〜140kgだと思います。)

油断すると、
踏ん張っている足が滑る、ベンチ台そのものが滑る。

ラックはバラバラなので、コントロールしないと傾く。勿論左右とも傾く。


乱雑に扱うと自分が死ぬ(-_-)/~~~。


屋上に無理矢理作ったので、バーベルをはじめとした重りは丁寧に扱わないと、

下の住人に響き迷惑となる。


必然的に丁寧で優しい取り扱いを覚えましたm(__)m。

今はだいぶ雑になってきましたね(-_-;)。

気を付けますm(__)m。


現在は使用してませんが、勿論?あります!


パーソナルトレーニングの大長道場。
[PR]
by daichodojo | 2009-11-28 10:45

-


[PR]
by daichodojo | 2009-11-28 10:40
大長道場のブログを書きます。



パーソナルトレーナー大長武史のホームページもご覧下さい。
[PR]
by daichodojo | 2009-11-26 13:45

大長道場5

今回はスクワットラック。

写真は、150Kgのスクワットを行っている所を兄が撮ってくれたもの。

ラバーのプレートカバーが付いていたので重かった。
体重計で計ったら、150Kgのハズが177Kgあったのを覚えている。


スクワットラックはNE製。

大長道場をつくる前は、実家の自分の部屋にベンチプレス台を置いていたが、さすがに危険でスクワットは行えなかった。

だから、スクワットラックを手に入れるのは念願だった。

大森ボディビルセンターが21時閉館だったので

間に合わない時に重宝したし、「家」でスクワットが行える事が本当に嬉しかった。


現在は使用してないが、勿論まだある。




パーソナルトレーナー大長武史
a0145266_11333065.jpg

[PR]
by daichodojo | 2009-11-14 17:10

大長道場無料体験会報告

本日は大長道場無料体験会でした。


8名枠全ての方にお受け頂きましたm(__)m。

トレーニング2名、
しんそう療方6名でした。
急遽の方も2名おりましたm(__)m。

お一人の方は僕のブログを見て来て頂けましたm(__)m。
僕の記述不足でビジター代やその他ご迷惑をお掛けしてしまいましたm(__)m。申し訳ございませんでしたm(__)m。


トレーニングご希望の方へは、関節のニュートラルポジション、遠心性反射、作用反作用、等々、意識やフォームとは違う世界がある事を体験して頂きました。
時間が短く、しっかりと行えたとは言いませんが・・・・。


しかし圧倒的にしんそう療方という事は、

「歪み」という言葉が浸透し、関心を集めているのでしょう。

しかし、歪みという言葉は一人歩きをしています。

歪みを復す本家本元パイオニアのしんそう療方には、それがよ~く解ります。


しんそう療方のみを受ける方には、様々な実験を通し、事実、現実を証明します。

皆様かなり驚かれます。

その驚く顔を見られるだけでも楽しくて、お金は頂けませんね(笑)。


今まで信じていた事が、現実はそうでは無かったという驚き。

僕のところへ来ていない方へは、大きなお世話になってしまいますから、一切言いません。
他の方の営業妨害になっても困りますし。


しかし、僕のところへ入らした方へは真実事実現実を説明しますし、証明します。

本日もある療法をお仕事にしている方がいらっしゃいました。
やはり、ショックだった様ですが歪みを復すとはどういう事かが解っただけに喜ばれていましたm(__)m。

昨日は昨日で、調子が悪いと、一度しんそうを無料で受けた方が別の人間に壊されていて喜んでいるシーンを目撃し、大変悲しく辛い思いをしました(泣)。

僕の説明の下手さ、しんそうを理解して貰う難しさ。

僕自身も、しんそうの研修会に参加して1年半理解して無かった訳ですから、無理も無いのでしょう。


しんそうが言っている事は、いたって単純、いたってシンプル。
しかし内容が物凄く深い。

他の手法等と言っている事は、似ていると感じてもまるっきり違う。

その違いを理解して貰うのが物凄く難しい。


修行ですm(__)m。





次回の無料体験デーは来年。ありがとうございます。パーソナルトレーニングの大長道場。
[PR]
by daichodojo | 2009-11-03 19:43

大長道場4

今日は大長道場の紹介第2段。

手作り砂袋。

主に脛を鍛える為に使います。僕はしゃがんで拳も鍛えました。

極真の道場には不可欠ですね。


昔、拳道会で修行されていた極真館の盧山初雄館長が、極真に取り入れたと聞いております。

砂袋は高校時代に初めて道場で行いました。

そ~っと蹴った覚えがあります。

たった50回くらいでしたが脛が真っ赤になりました。
何か大人になった気がしました。


それ以来砂袋が大好きになりましたが、蹴り込むというより、当てているだけで満足してました。

とてもとても血尿が出るには至りませんでした。


建築屋の先輩にパイプで骨組みを作ってもらい、お米屋さんから麻袋を何枚ももらい、

公園の砂場の砂を拝借m(__)mし、針金でぶら下げて完成です。

高校を卒業してから家に作りました。


大長道場ができてからは、そちらに移動しました。

しかし、砂場の砂では雑菌が多いとの事で、麻袋が破れて交換する時に、ホームセンターで砂を買ってきました。

もう何年も蹴ってませんが、多い時は片脚3000回くらい蹴ってました。

脛の下3分の1、真ん中3分の1、上3分の1、足首、背足の中、内、外、先、内踝、外踝。

ま~時間は掛かりますね。


初めて血尿が出た時は嬉しかったですね!

しかし、思いっきり蹴れば100回くらいで血尿なんて出ると分かりましたが、医者から止められ、

逆に血尿が出ると「失敗した~。」と思う様になりました。


しかし、いくら砂袋を蹴っても本当に脛が硬い人とぶつかると、僕が怪我をしてました。
あんまり強くなった気はしませんでした。

少年野球用のバットですが、4本まとめて折れましたが、ちっとも強くなった気がせず

エスカレートし、厚い長方形の板を用意し、サンドバッグに立て掛けて縛り、

板の角を下段廻し蹴りで全力で蹴りました。(のつもり。しかし全力の半分位?)

1回目から痛くて痛くて、10回も蹴れば沢山でした。

毎回腫れて必ず怪我になりましたので、半年位で止めた気がします。


バットで思い出しましたが、一度たった1本のバット折りをして脛が腫れた事があります。気を抜いていたからなのか・・・・。

しかし一週間後にバット2本を折る演武をしなければなりませんでした。

当時、僕の師であった人間凶器の先生に助けを求めました。

すると、「砂袋で蹴り込みなさい。そしてタバコと冷水を交互に当てて治療しなさい。」との事でした。

タバコを吸わない自分には、タバコに火をつけるのは苦痛でしたが、タバコの火は直に根性焼きをするのでは無く、ギリギリで耐えられなくなるまで近づけるやり方でした。けっこう耐えて、皮膚が黒くなりました。

そんな熱さより、砂袋が痛くて痛くて大変でした。

そ~っと触れただけで痛い腫れた場所。

砂袋では軽~く当てただけで脳天まで響きました。

しかし、5回連続当て(蹴りでは無い(ToT))が10回当てになり、10回が20回になり、20回が50回になり、50回が100回になり、200回連続できる頃には、麻痺して全力で蹴れる様になってました。

腫れた場所のみを合計1000回蹴りました。

腫れや痛みが引いた気はしませんでしたが、

やりとげた自信が、無事バット2本折りを成功させました。

ちなみに試し割り用バットは一度も使った事はありません。



そんな思い出の砂袋。

懐古主義の自分が処分できるハズもありませんね。




明日の無料体験会は10時~、16時~、18時~、の3枠空いてます。当日受付してます。03ー5718ー3939まで。パーソナルトレーニングの大長道場



a0145266_1130226.jpg

[PR]
by daichodojo | 2009-11-02 18:02