「ほっ」と。キャンペーン

パーソナルトレーナー大長武史が運営する大長道場のブログです


by daichodojo

不自然、不快に気付かない現代人

人間と野性動物は全く違う事がある。
身近では、まず肥満。野性動物に肥満は有り得ないそうな。
草食動物なら喰われるし
肉食動物なら狩りができない。
どちらも即ち死がある。

僕の様に過去ばかり振り返る事も無いし(((^_^;)、未来の展望を期待したり悲観したりしない。
全ては今なのだ。

体内環境や体外環境を察知する力の鈍さ。
天災の予知、外敵の接近、はほぼ無くなった能力だ。

身体に快なのか、不快なのか、全く判らない鈍い人間も多い。
さらには思い込む能力が長けている。ダメな事も思い込む事で良い事にしていく。これは人間の特長であり能力だ。



本来動物は自然を受け入れ自然と共に生きていく。

野口整体の本質も、人間を野性にかえす事。
しかるに自然を受け入れ自然と共に生きていく。

例えば風邪。

21世紀の現在でさえ風邪を治す薬は存在しないらしい。
痛みを取り、感覚を麻痺させ、症状を抑え込んでいく。しかし全く治してはいない。楽になるから治ったと誤解するだけ。


フィットネスグッズには不自然ながら好評を得、流行る物がいくつむある。
代表的でポピュラーなのが2つある。




今ジムでは金属と石を混ぜたネックレスの健康グッズを試着できる。

クライアントが協力してくれ、トレーニング中に実験。

しんそうの検査で変形しまくるのは既に実証済み。

トレーニング中に力がアップするか、動作がしやすいか、様々実験。

その方は、力は変わらず、頭や肩が重くなり、ストレッチし辛くなる、種目によってはフォームが崩れ癖が強調される事が確認できた。
ズボンのポケットに入れても同じだった。
セット毎に着けたり外したりして実験した。

途中でとうとう着けるのを拒み返却してしまった。




この不快に気付かない方が多すぎる。

不自然、不快に気付かず、思い込みで着け続ける。


この鈍さも現代病の1つではないだろうか。
[PR]
by daichodojo | 2013-09-27 01:25