「ほっ」と。キャンペーン

パーソナルトレーナー大長武史が運営する大長道場のブログです


by daichodojo

自動万歳で見える事

鏡の前に立ち自分で肩部正中線上(肩の真上)に力を抜いて矢状面にそって(正面から)に万歳してみよう。



力み肘をピンと張ると左右差は判らない。


そっと何回も何回も繰り返すと左右差が判ってくる。

ただし、しんそうの他動的バンザイ検査とは必ずしも一致しない事があります。

バンザイすると言う事は、三角筋が働きます。腋下神経の緊張左右差が自動検査を狂わす事があります。つまり正確性は他動的バンザイ検査より少し劣るのです。

しかしだいたい一致しますから、正しく出るとしてお話しします(笑)。





腕の伸びる方は屈筋の緊張が強い。
腕の伸びない方は伸筋の緊張が強い。


何か変な感じがしますね。


伸びるのに曲げる筋肉の緊張が強いし、
伸びないのに伸ばす筋肉の緊張が強いんですよ。


変ですね(笑)。



屈筋は大胸筋の上部、三角筋の前部、中部、上腕二頭筋、等々。

伸筋は大胸筋中部、下部、広背筋、大円筋、三角筋の後部、等々。


因みに大胸筋と三角筋は屈筋と伸筋が混在していますから、大胸筋は屈筋だ、とか、三角筋は伸筋だ、とは言えないのです。





屈筋の代表的な筋肉、大胸筋の上部と
伸筋の代表的な筋肉、広背筋の
働きの違いを考えると理解しやすいかも知れません。



左右どちらかが屈筋の緊張が強く
どちらかが伸筋の緊張が強いのが判ります。


伸筋は大胸筋中下部、広背筋が含まれどちらも強力ですしどちらも内旋の働きがあります。

ですから、伸びない側は内旋が強いという事が判ります。


最近流行りのゴロゴロバッグ。

引く手は掌が前を向いて(アンダーグリップ)ますか?甲が前を向いて(オーバーグリップ)ますか?

アンダーグリップなら伸びない側の可能性が高く
オーバーグリップなら伸びる側の可能性が高いです。


そこまで判ればストレッチの順番やトレーニングの癖も判ります。
[PR]
by daichodojo | 2013-09-06 22:14